スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    二日限りのクリスマス4

    一二月二五日
    昼頃、警察がやってきて写真を見せてきた。
    「あなたはこの子に会いましたか?」
    はっと息をのむ。昨夜の子だった。
    その後警察署に連れて行かれて聞かされた話は信じられなかった。
    彼女は僕と別れた後、真夜中ごろに再び廃ビルの所に戻ってきていたらしい。そして、屋上から飛び降りた。通りがかりの人が見つけた時には、既に冷たくなっていたそうだ。
    「彼女、携帯を持っていたのですが、アドレスが一件だけ入っていましてね。それが君のだったんです。何か知っていることはありますか?」
    僕は全てを話した。急に声を掛けられたこと。あの廃ビルは自分が教えたこと。別れる前に番号交換をしたこと。
    警官は全てを聞いた後、「実は」と切り出した。
    「あなた宛と思われる遺書があるんです。読みますか?」
    答えは決まっていた。


    遺書を読んだ後、僕は呆然としていた。彼女がそんな人生を送っていたとは全く思えなかった。
    よく考えれば、ヒントはあったのだ。自分の携帯のアドレス帳で彼女の電話番号を確認する。三八八八一一一五九。これを携帯で打つと……
        サヨウナラ
    あの時、彼女は既に死ぬ気だったのだ。それに気づいていれば止められたかもしれないのに。
    恐らく、あれは彼女の一種の賭けだったのだろう。自分の命を賭けた。そして散った。
    僕は自分の愚かさを後悔し続けるだろう。でも、絶対に自分を責めない。それが、守ることのできなかった、名前すら知らない、彼女の最期の願いだから。




    これをキミが読んでいる時は、私は既に死んでいるでしょう。そうなるように仕組みましたから。
    キミは悲しんでるかな?それとも恨んでいるかな?ま、死ぬつもりの私にとってキミの気持ちなんてどうでもいい事なんだけどね。
    じゃあ、私が死んでいろいろ迷惑をかけると思うから、お詫びに昔話でも。
    むかしむかし、ある所に女の子がいました。その子は面倒見のいい母と父に育てられ、不自由なく育っていきました。
    しかし、ある時父の態度が豹変しました。母と娘に暴力を加え始めたのです。どうやら父は会社では「悪魔」と呼ばれるほど怖く、部下にも上司にも恐れられていたようです。家では猫をかぶって大人しくしていたのが、ストレスが溜まりすぎ、暴れてしまったみたいです。
    それから家庭は滅茶苦茶になりました。母は発狂し、女の子は身も心も傷ついて家を出てしまいました。
    彼女が町をとぼとぼ歩いていると、男の子を見かけました。その子の顔はすごく悪かったけど、なぜか引き寄せられました。
    後はもう分かりますね。彼女、いや私は君と話したことで気持ちが楽になりました。傍目から見るとつまらないことでも、本人は楽しかったりするんです。
    だから、絶対に自分を責めないで。君のせいで自殺する訳ではないから。逆に気持ちだけでも楽にしてあげられたことを誇りに思って。まあ、あのメッセージに気付かなかったのは減点かな。
    あと、最後に一つ謝らせて。私が死んだら、あの廃ビルの屋上も封鎖されちゃうかも知れない。せっかくの綺麗な場所だったのに。でも、死ぬ場所は自分で決めたかったの。ごめんね。あ、そうそう。その……男の子同士っていうのも……やめた方がいいと思うよ。



    まだ少し紙が残ってるか。じゃあ、言いたかったけど、書きたかったけど、それでも君が悲しむと思って伝えなかったことを、やっぱり伝えます。


    あの時、君に声をかけたのは、たぶん、きっと、きみが――――――――

    <完>
    関連記事

    テーマ : 自作連載小説
    ジャンル : 小説・文学

    コメント

    非公開コメント
    応援よろしくお願いします!!

    FC2Blog Ranking

    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    小説・文学
    5195位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    ライトノベル
    225位
    アクセスランキングを見る>>
    カウンター
    今までに
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー
    03 | 2018/04 | 05
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -
    最新コメント
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    ブロとも&相互リンク大募集中です!!!

    この人とブロともになる

    プロフィール

    paperskytree

    Author:paperskytree
    現在高校二年。学校が特殊なため色々困っている。

    好きな作家は葵せきなさん。好きな本は「生徒会の一存」シリーズ

    絵師さんは涼香さんが一番好きです。

    気づいている人もいるかもしれませんがブログに載せている本は必ず一週間で7冊以上になるように努力しています。…ということは僕の読まなければ本の数は……?

    リンク
    月別アーカイブ
    気軽にメールください!

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。